バッグのファスナー 青いバッグ

ブランドバッグよりも大切な物

金のバッグ

日本にはたくさんのブランドショップがあり、たくさんの人がブランドのバッグを持ち歩いています。
さらに最近は中古のブランド品を扱う店も増えたので、ブランドバッグのハードルは下がってきているのが現状ではないでしょううか。
日本人はブランド品が好きなのでこれからもある程度の人気は続いて行くと思いますが、格差の拡大やファッションが多様化していることが影響してくると思います。
最近ではブランド品の買取業者も増えており、出張サービスや宅配での買取ができるようになっています。
買取や中古品が一般的になってくると新品のバッグを買うことに躊躇する人も増えてくるかもしれません。
そうなると有名メーカーといえども淘汰される時代となる可能性は大いにあるのではないでしょうか。
また、最近は物よりも体験や経験に価値を見出す人が増えているので、バッグにはさほど関心を持たない人も増えてくるでしょう。
そうなるとこれまで持っていたバッグを買取に出してそのお金で経験を買うことになるでしょう。

買取価格を決める基準

バッグを手に取る女性

ブランド物のバッグといえば、何十万もするものや果ては何百万円もするものまであります。
さて、ジーンズなどではよくビンテージ物といって、古いものであったり、本数の少ないものなどは高く買い取ってもらえたりするのですが、実はカバンに関してはそういうものは一切ありません。
ブランド名によっては価格は変動しますが、古い年代のものだからといって買い取り価格が高くなるというようなことは一切ありません。
そして、どこの店舗で買い取りをしてもらったとしても金額は大体同じになります。
従ってAという店での査定額が納得行かないからといってBという店に行っても査定学派ほとんど変わらないというようなことになります。
金額を左右するのは売れるデザインであるとか、流行のデザインであるとかいうように、そのカバンを欲しいという人がすぐに現れるようなものであれば査定額は高くなります。
一方、有名なバーキンのように伝統的なデザインしか提供されないものに関しては非常に重宝され、高価で買い取ってもらえます。

バッグを買取ってくれる業者

茶色のバッグ

ブランドバッグの買取というと、テレビでホステスさんなどがお客さんからプレゼントされたブランドバッグを買取してもらう様子がたまに放送されていたりします。
プレゼントした側の男性があれを見たらさぞかしがっかりするでしょうね。
さて、こういった買取をしてくれる業者には色々なところがあります。
まずすぐに思い浮かぶのは質屋さんでは無いでしょうか。
質屋さんはこういったバッグいがいにも宝石などの貴金属・時計・美術品など、本当にありとあらゆるものを買い取ってもらうことが出来ます。
質屋さんはここ最近街中でもよく見かけるようになりましたし、昔の借金が一杯あるような人がお金を作るために訪れるような暗いイメージとはだいぶ違ってきていますので、使っていないものがあれば売ってみよう位の気持ちで気軽に利用できるでしょう。
最近はこれに競合する業種としてブランドバッグの買い取り専門展なんてのも出てきています。
こういったところは出張で買い取りしてくれるのでとても便利です。

中古ブランド品の需要

バッグのファスナー

様々な業者によって買い集められたバッグなどは、店頭での中古品販売を行っている業者以外では専門の市場で取引をされることになります。
店頭販売を行っている業者でも自分の店舗で需要の無い商品は中古の市場に出品することになります。
このような市場に参加するのは、日本の中古品販売業者だけではありません。
経済力の大きく発展している中国を始めとするアジア諸国への販売を目的とする業者も少なくありません。
実際に中古ブランド品や貴金属の展示販売会などが行われると来場する顧客の1割以上が中国からの渡航者というケースも珍しくないそうです。
そのため、そうした会場には中国語の話せるスタッフを置いたり、銀れいカードを取り扱ったりしています。

オススメリンク

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2014年12月
« 8月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031